花快銘奈々

ある日の夕食

6月1日以降皆さんに見て頂いていたブログを止めてから早10日以上。facebookも更新をしなくなったから、すっかりブログ書きサボる様になっていまたんだけれども、こうしてブログを書いていると心が安らぐから、これからも個人的にブログは日記として書き続けて行こうと思っている。

さっきはステーキブログ。このブログは一昨日尚子ちゃんと浜田山のイタリアンへ行った時のブログ↓
d0248537_2130260.jpg
d0248537_21295285.jpg
d0248537_21294512.jpg
d0248537_21293878.jpg
d0248537_21293272.jpg
やっぱり食中心のブログになってしまいますね。この店には10年以上前に1度行った事があるんだけれども、当時はいつも盛況の店だった筈なのに?僕達が行った時はほぼ店内はガラガラ。オーナーが変わったのかな?浜田山にも何軒もの新しいイタリアンの店が出来たからお客さんが分散したのかな?でも相変わらず料理は美味しかったですよ。

# by artplanety | 2013-06-13 21:36 | Trackback | Comments(0)

ステーキ夕食

いつだったかは忘れたけれども、数日前にOKストアで半信半疑で買った1,260円のステーキを月曜日の夕食に食べると、、、、、、↓
d0248537_20444249.jpg
「旨い!マジ旨い!」「ステーキは冷蔵庫から出して室温に戻してから塩コショウをしないで焼く」って誰かが言っていた事を思い出して実行。これが大当たり。旨い!マジ旨い!1,260円でこの感激度。1,260円が安いかどうかを言っているんではなくて、1,260円以上の旨さのをこの焼き方は醸し出してくれた。今週末は福島へ出張だから、来週絶対にまたOKストアにステーキを買いに行こ〜。

# by artplanety | 2013-06-13 20:54 | Trackback | Comments(0)

大作

先月の僕の誕生日の前夜に米谷さんと米谷さんの友人山ちゃんと初めて行く柴崎の居酒屋さんへ行く。この店は偶然歩いて見つけた店。俗に言う赤提灯系の居酒屋さん。気さくな沖縄出身の女将さんお1人で店を切り盛りしている。いい店の条件は一見でも感じよく受け入れてくれる店。美味しい事。リーズナブルな事。それくらいかな?でも僕はこの3つの条件が物凄く大切だと思っている。

画像の料理は先週の金曜日に米谷さんと山ちゃんとヤギちゃんとアキコちゃんの4人で伺った時に注文をした料理↓
d0248537_7164793.jpg
d0248537_7164053.jpg
d0248537_716339.jpg
d0248537_7162341.jpg
d0248537_7161628.jpg
d0248537_716711.jpg
d0248537_716012.jpg
どの料理も美味しい。料理の味って作る人の人柄が絶対に出ますよね。店内は100%常連客。でも、何となく独りでも行けそうな店。徐々に新居の近所でもいい店を発見しつつある。ちょっとヤバイ。

# by artplanety | 2013-06-12 07:19 | Trackback | Comments(0)

ボーリング

d0248537_6252067.jpg
d0248537_6251423.jpg
最近独りボーリングにハマっている。独りでボーリング場に行くのは初めて。家から自転車で数分の所にボーリング場があります。独りボーリングは誰にも気兼ねをする事がないし拍手をしたりハイタッチをしたり自分の番を待たなくていいのがいい。いつも3ゲームだけ投げておわり。そう言えば僕が小学生の頃にボーリングが物凄く流行っていた。当時母と僕の幼友達のお母様の2人も時代の流れに乗ってボーリングにハマっていたお陰で、僕も友人とよく母達に連れられてボーリングをしに行っていた。決して上手くはないんだけれども、数年振りにやったボーリングにハマってしまった。身体を動かすっていいもんです。
# by artplanety | 2013-06-12 06:35 | Trackback | Comments(0)

お好み焼き

d0248537_5543853.jpg
d0248537_5543036.jpg
d0248537_5542587.jpg
d0248537_5542077.jpg
今の家に引越をしてから自転車で近所を探検した時に見つけた住宅街にあるお好み焼き屋さんの事を書きます。その時は花快が一緒だったので、後日あらためて行こうと自分で自分に誓う(大袈裟)。そして先週末に自転車で行ってみる事に。2時過ぎだったのか?店には誰も居ない。店内には大きな机と座敷が。僕は大テーブルに通される。店を営んでいるのは感じのよい僕の母と多分同年代の叔母様お2人。お1人は店のオーナー。彼女の家は店の真ん前の家だと言う事も分かった。もう1人の叔母様は近所の奥様の様である。注文したお好み焼きは肉たま入りにチーズをトッピング。お好み焼きが焼き上がるのを持っていると御常連の叔父様3人が入店。話の内容は全く僕には分からない。そうこうしている内に運ばれて来たお好み焼きは広島風。「ボリューミーで美味しい!」近所にある緑に囲まれた一軒家のお好み焼き店を僕は物凄く気に入った。お会計をして店を出る時も、オーナーのご夫人は、「またいらっしゃいね」って。素敵な笑顔で見送ってくれた。また行く事は間違いなし。新発見は心の刺激になる。
# by artplanety | 2013-06-12 06:07 | Trackback | Comments(0)