花快銘桃奈々

思い出の階段?

思い出の階段?_d0248537_10532762.jpg
この階段は今の家に引っ越しをする前に住んでいた家の階段。酔っぱらってこの階段の上から落ちて気絶をした思いである階段。意識が戻った時には血の海。目の上を切って顔中血だらけ。それなのに痛さを感じなかったから、シャワーを浴びてからタオルで押さえながら友人の家に食事をしに行ったのである。友人の家に着いて傷を見せると皆に物凄く驚かれた事を覚えている。運良く遊びに来ていた友人の中に看護士の友人がいらっしゃはっていたので応急手当をしてもらう。本当は直ぐに病院に行く事を薦められたんだけれども面倒臭かったし食事会を楽しみにしていたので病院に行ったのは翌朝。普通に病院に行ってみると即傷口を縫う手術。目の上を10針縫われてしまった。それが怖いのなんの!手術後先生に「数センチ打ち所が悪かったら失明をしていたかも知れない」と言われてしまった。それ以来お酒は程々にと誓いましたが、誓いは守られる事はなかった。しかしその後お酒の量は一気に減ったのは事実である。そして数ヶ月後には今のフラットのマンションに引っ越しました。郊外に引越をしたので家の近所には行き付けの店もないし、知り合いも住んでいないから必然的にお酒を飲む機会は減った。これで良かったと思っている。
by artplanety | 2013-10-11 11:25 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://artplanety.exblog.jp/tb/19802055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]