花快銘桃奈々

たちばな

たちばな_d0248537_06564995.jpg
たちばな_d0248537_06565724.jpg
たちばな_d0248537_06570624.jpg
たちばな_d0248537_06571792.jpg
12日前のお話です。
新神戸駅で両親と美術館の方々と別行動になった事務所のTーと僕たちは、
事前にTーが調べてくれていた、
よしもとばばなさんオススメの "たちばな" に昼食を食べに行く事に。
"たちばな" は "明石焼" の店。
店は14時を過ぎていたのに、
ひっきりなしにお客様の出入りが続く。
とにかく大繁盛店。
料理メニューはたこ焼き (明石焼) 10個単位のみ。
まずは各自10個ずつたこ焼きとビールを注文。
東京では明石焼の店があまりないから、
物珍しさもあって、
10個一気にビールとともに完食。
明石焼はよくあるたこ焼きよりもフワッとあっさりしていて、
具材もタコしか入っていないので、
あと10個ずつ2人で注文。
20個目のお供はワイン。
あっという間に20個完食。
ワインにもよく合うんだな!
神戸初日からしっかりと神戸のお味を堪能させてもらいました。
余談ですが、
たこ焼きの概要です↓
たちばな_d0248537_07562364.jpg
  • 鶏卵をたっぷりと使うため色味が黄色い。また、短時間で焼き上げ表面を焦がすことはない。
  • 小麦粉以外に浮粉と呼ばれる小麦でんぷんの粉を使うので、生地が非常にやわらかい。
  • 焼き鍋が熱伝導が良い製である。鍋のくぼみはたこ焼き用よりも浅く、球形にはならない。
  • 玉子焼を裏返すのに銅製の焼き鍋を傷つけないよう、金属製の道具を用いず菜箸を使う。
  • 具が基本的にタコのみである。
  • 出汁に浸して食べる。
  • 店舗によって材料が異なり、小麦粉を全く配合しない店舗もあるため、店舗ごとに味や柔らかさが変わる。

by artplanety | 2018-09-24 07:21 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://artplanety.exblog.jp/tb/27123822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]