花快銘奈々

LAUBURU

土曜日にローブリューへ友人5人と伺って参りました。ローブリューに伺う時には、数日前から何を食べようかを思案したくなるモードに入る。そして今回頂いた料理は↓
d0248537_13243464.jpg
d0248537_13242025.jpg
d0248537_13241176.jpg
d0248537_132444.jpg
d0248537_13241581.jpg
温製山羊チーズのサラダ、魚のスープ、骨付きロースのグリエ。魚のスープは絶対に頼む。グリエを頼むことも多い。メインは結構直ぐに決められるんだけれども、前菜を選ぶのには時間が掛かる。お気に入りの前菜が幾つかあるからだ。田舎風パテ、エスカルゴのブルゴーニュ風、レンズ豆のサラダ、温製ポロネギのサラダ。それから温製山羊チーズのサラダ。どれにしようかいつも迷う。でも、迷いながら料理を注文するのがまたいい。

ワインは尚子ちゃんと一緒の時には選んでもらう。彼女が選ぶワインにはハズレがない。今回頼んだワインは↓
d0248537_13282496.jpg
このワインも美味しかった〜!ネットで早速調べてみたら、正に "ジュランソン・セック キュヴェ・マリー" の事を分かり易く説明しているサイトを見つけたのでUPしときます。

「スペインの国境近く、ピレネー山脈の麓の造り手、クロ・ウルラ。
ジュランソン地区の辛口白ワインです。
葡萄はグロ・マンサン、クールビュという地域特有の品種を使用しています。
娘“マリー”の名前をとって命名され、ハチミツや白い花を思わせる華やかなアロマに、
やわらかくリッチな口当たりが特徴です。
また、ドライハーブやピンクペッパーのような爽やかでスパイシーな香り。
厚みのある飲み口で、少々クセのある食材でもマッチします。
料理との合わせ方も楽しいワインです。」以上が僕が気に入ったワインの話でした。
d0248537_13221736.jpg
d0248537_1785490.jpg
そしてデザート。デザートは僕は殆ど頼まない。皆がデザートを楽しんでいるのを横目に僕はハーブティーとグラスワインを楽しむ。僕は最後まで呑み続けるのである。

いつも思う事ですが、気の置けない友人との美味しい食事を頂く時間は、正に至福の時間です。そして大切な時間です。

# by artplanety | 2014-01-30 13:54 | Trackback | Comments(0)

シェフ

d0248537_2110150.jpg
d0248537_2195294.jpg
金曜日のシェフ。
d0248537_21114887.jpg
d0248537_2195668.jpg
今日のシェフ。

# by artplanety | 2014-01-26 21:10 | Trackback | Comments(0)

数分前の花快

d0248537_15572533.jpg
d0248537_15571327.jpg
LOVE ♡
# by artplanety | 2014-01-26 15:58 | Trackback | Comments(0)

昼食

d0248537_12235537.jpg
池田君に買って来てもらったセブンの日替わり弁当500円と十六茶。このブログを書きながら食べています。いつもの事です。
# by artplanety | 2014-01-23 17:57 | Trackback | Comments(0)

昼食

今日も病院へ検査を受けにいく。今度は肝臓と膵臓癌の検査である。今日の検査は採血だけ。採血の結果次第で、検査の方法が変わって来るとの事。前立腺癌の検査の時と同じ手順である。採血で何でも分かってしまう医学の進歩(?)にいつも感心させられる。今日は採血だけだったので、空いているカフェで早目の昼食を取る。日替わり松花弁当にしようと思っていたんだけれども、松花弁当を食べながら気になっていたビーフシチューを注文みた↓
d0248537_14111772.jpg
紅茶は別注文で1,500円。お味はビーフシチューを売りにしていない店のビーフシチューの味って感じだったかな?ビーフシチューが美味しいか美味しくないかの違いは、デミグラスソースの味に90%以上掛かって来ると思う。そして具材は2の次だと僕は思う。そんな事を考えながら完食。

# by artplanety | 2014-01-22 14:18 | Trackback | Comments(0)